シボヘール,副作用,成分,安全性,危険,過剰摂取

[シボヘール/副作用]シボヘールに含まれる添加物と副作用の危険性について

シボヘールは安全性が高い3つの理由

 

シボヘールは危険性の高い添加物やアレルギー表示成分が含まれていないため安心して飲むことができます。

 

シボヘールはさまざまなダイエット実験により結果が裏付けされ、機能性表示食品に認定されているため、安全性の高いダイエットサプリと言えます。

 

ダイエットサプリを選ぶときは、機能性表示食品に認定されダイエット効果が裏付けされており、安全性の高いものを選びましょう。

 

 

 

 

 

↓初回は980円!ネット限定価格はこちらから

 

シボヘール公式サイト

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・アレルギー表示義務成分なし

 

シボヘールに含まれる原材料にはアレルギー表示義務成分・アレルギー表示推奨成分は含まれていません。

 

アレルギーは、今まではとくに問題なく過ごしていても、体調などにより突然発症することがあります。

 

サプリメントを選ぶときは、アレルギーの可能性のある成分は不使用のものを選ぶと安心ですね。

 

 

 

 

アレルギー表示義務成分とは

 

アレルギー表示義務品目は、特定原材料の7品目があります。

 

表示が義務付けされているものは、乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かにの7品目です。

 

これら7品目は、アレルギーを持っている方の割合が高く、アレルギー症状が強くでる可能性のある食品です。

 

乳や卵などはアナフィラキシーショックなど重篤なアレルギーを起こす可能性があります。

 

アレルギーを持っていない人も、これらの成分が含まれるサプリメントは避けたほうが安心です。

 

アレルギー体質の方は、サプリメントの原材料を確認することをおすすめします。

 

シボヘールの原材料には、アレルギー表示義務品目は含まれていないので安心です。

 

 

 

 

 

アレルギー表示推奨品目とは

 

アレルギー表示推奨品目は、アレルギー表示義務品目とは違い、必ず表示させる義務のない食品です。

 

アレルギーを起こす可能性はアレルギー表示義務品目より低いが、比較的にアレルギーを持っている人の割合が高い食品です。

 

アレルギー表示推奨品目は、あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン・バナナ・ごま・カシューナッツの20品目です。

 

身近な食品も含まれており、表示がされている商品と表示なしの商品があるため、自分で確認をする必要があります。

 

アレルギー表示推奨品目までしっかりと表示しているサプリメントは、安全に対しての意識が高く信頼性が高いと言えますね。

 

シボヘールにはアレルギー表示推奨品目は含まれていないため安心です。

 

 

 

 

 

植物アレルギーがある人は注意が必要

 

花粉症など植物アレルギーを持っている方は、植物由来の成分が含まれるサプリメントは注意が必要です。

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)はマメ科の多年草です。

 

植物が持つポリフェノールを多量に含んでおり、高いダイエット効果が期待されています。

 

でも、植物アレルギーを持っている方は、アレルギーを起こす可能性があるため注意が必要です。

 

服用を始めてからの体調不良・かゆみ・発疹などが見られた場合はすぐに服用を中止しましょう。

 

症状が強く見られる場合は、内科や皮膚科を受診すると安心ですね。

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・機能性表示食品の認定あり

 

シボヘールは葛の花由来イソフラボンを関与成分として、内臓脂肪・皮下脂肪の減少に効果的なサプリメントして、機能性表示食品に認定されています。

 

機能性表示食品の認定にはさまざまなど届出の基準があり、実験データの添付が義務付けられています。

 

内臓脂肪・皮下脂肪の減少効果を、第三者機関が認定したと言うことなので、信頼感が強くなりますね。

 

 

 

 

 

機能性表示食品とは

 

機能性表示食品は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。(消費者庁

 

 

消費者庁への届出には科学的根拠を示す、実験データの添付が義務付けられています。

 

多くのサプリメントは機能性表示食品の認定基準を満たしていないため、「食品」としての位置づけとなっています。

 

シボヘールは機能性表示食品の認定があるため、パッケージの表示に「内臓脂肪・皮下脂肪の減少に効果的」と表示することができます。

 

機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)の大きな違いは、機能性表示食品は消費者庁長官に届け出られたものを指し、特定保健用食品(トクホ)は、消費者庁長官の個別の許可を受けているものを指します。

 

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・危険性のある添加物なし

 

シボヘールにはいつくかの添加物が含まれていますが、危険性の高い添加物は使用されていません。

 

サプリメントの形成上で必要となる添加物が使用されていますが、必要のない添加物は一切使用されていないため安心です。

 

 

 

 

シボヘールに含まれる添加物・還元パラチノース

 

シボヘールに含まれる還元パラチノースは、食品やサプリメントに甘味料として幅広く使用されています。

 

他の人工甘味料とは異なり、体内で完全に消化することができます。

 

体内に入るとゆっくりと分解される性質から、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

 

また代謝を促進させる働きも期待されています。

 

血糖値の急激な上昇はインスリン分泌を促進するため、日常的に血糖値の上昇が著しい食品(炭水化物・糖質)を食べているとインスリンの過剰分泌が続き膵臓に負担がかかり、インスリン分泌異常に繋がります。

 

血糖値が乱降下する食生活を続けることでインスリン分泌異常となり、体内では常に血糖値が高い状態となります。

 

血管内には余分な糖質が常にある状態となり、糖質は肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積され、肥満症に繋がります。

 

還元パラチノースの代謝改善効果により、血管内の糖質がエネルギー変換されやすくなり、中性脂肪の合成を抑制します。

 

 

 

参考:パラチノース(wikipedia)

 

 

 

シボヘールに含まれる添加物・セルロース

 

シボヘールに含まれるセルロースは、多糖類の1種で、食物繊維としての働きを持ちます。

 

食品やサプリメントへに添加される際には、サプリメントの形成材・結合剤として使用されたり、食物繊維として使用されます。

 

シボヘールは葛の花抽出物を乾燥させ粉末にしサプリメントを形成しています。

 

粉末をサプリメントにする際には、粉がバラバラにならないように形成材や結合剤が必要となります。

 

セルロースは幅広いサプリメントや食品に使用されており、安全性の高い食品添加物です。

 

食品添加物と聞くと体に悪そうと言うイメージを持つ方もいますが、サプリメントの形成上で必要となる添加物もあるため、必ず無添加が良いと言うわけではありません。

 

安価なサプリメントには危険性の高い添加物が含まれているため注意が必要です。

 

セルロースは危険性の高い添加物ではないため、安心して飲むことができます。

 

 

 

 

シボヘールに含まれる添加物・ショ糖脂肪酸エステル

 

シボヘールに含まれるショ糖脂肪酸エステルは、食用の油脂から得られる脂肪酸で、ステアリン酸やオレイン酸などの脂肪酸をエステル型に結合されたものです。

 

用途は幅広く、主に食品やサプリメントの乳化剤や劣化抑制剤・保存料として使用されています。

 

古くから食品やサプリメントに使用されている食品添加物で、安全性の高さから加工食品などの幅広く使用されています。

 

危険性の高い保存料もありますが、ショ糖脂肪酸エステルは安全性の高い劣化抑制剤・保存料なので、安心して飲むことができますよ。

 

サプリメントの製造では、必要となる添加物もあり、無添加だから良いと言うものではありません。

 

ショ糖脂肪酸エステルは品質や衛生管理の面から必要な食品添加物と言えます。

 

 

 

 

シボヘールに含まれる添加物・二酸化ケイ素

 

シボヘールに含まれる二酸化ケイ素は、別名シリカゲル・無水ケイ酸・二酸化シリコンなどと呼ばれることもあります。

 

二酸化ケイ素は、食品やサプリメントに幅広く使用されており、吸着剤や賦形剤として利用されています。

 

賦形剤はサプリメントの形成をしやすくしたり、飲みやすさを向上させるために添加されます。

 

二酸化ケイ素はサプリメントの形成上で必要となる食品添加物で、安全性が高いとされています。

 

 

 

 

↓安全性の高い脂肪燃焼サプリはこちら

 

シボヘール公式サイトへ

[シボヘール/副作用]葛の花(テクトリゲニン類)の効果や危険性について

 

シボヘールの主成分の葛の花抽出物(テクトリゲニン類)の作用と副作用の危険性について説明します。

 

ポリフェノールを豊富に含む葛の花抽出物は高いダイエット効果が裏付けされています。

 

ポリフェノールの効果・効能や副作用・危険性について紹介します。

 

 

 

 

↓1ヶ月980円のお試しモニターはこちらから

 

シボヘール公式サイトへ

 

 

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)に含まれる成分

 

シボヘールの主成分である葛の花抽出物に含まれるダイエット成分の効果や副作用の有無について紹介します。

 

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれており、高いダイエット効果を発揮します。

 

ポリフェノールの効果・効能・副作用や危険性の有無について紹介します。

 

 

 

 

葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれる

 

シボヘールの主成分である葛の花抽出物には多量のポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールは植物に多く含まれる抗酸化物質で、植物が紫外線などの外的な刺激から自身を守るために含まれています。

 

植物は紫外線を常に浴びているため、光による酸化によりダメージを受けやすいため、ポリフェノールを多く含み、酸化ダメージから身を守ります。

 

ポリフェノールは約5,000〜8,000種類あると言われており、それぞれの成分で効果・効能が異なります。

 

ポリフェノールは全般的に強い抗酸化作用を持つことに変わりはなく、体内の老化を予防する成分です。

 

肥満症は体内の老化も大きな原因となるため、抗酸化物質を摂取することで代謝を改善することでダイエット効果を得ることができます。

 

 

 

 

葛の花抽出物にはポリフェノールの1種イソフラボンが多量に含まれる

 

シボヘールの主成分は葛の花抽出物に含まれるイソフラボンです。

 

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ちます。

 

肥満症は体内の老化も大きな原因となり、基礎代謝量の低下や、褐色脂肪細胞の減少などは老化によるものです。

 

年齢を重ねると基礎代謝量が低下するため、若い頃と同じ食生活を続けていると、体内で消化しきれない糖質が増えてしまい、中性脂肪に合成されてしまいます。

 

基礎代謝は全身の細胞が新しく生まれ変わる若い世代は高く、新しい細胞の生成が滞る中高年以降では基礎代謝量が低下します。

 

中性脂肪を燃焼する効果のある褐色脂肪細胞も細胞の1つなので、新しい細胞が生まれ変わる若い世代はたくさんの褐色脂肪細胞が生まれ変わり活性化しているため太りにくいのです。

 

年齢を重ねると褐色脂肪細胞の生まれ変わりがされず機能が低下するため、痩せにくく太りやすい体質となります。

 

褐色脂肪細胞の活性化には抗酸化物質が効果的です。

 

細胞の機能低下は活性酸素により、細胞に酸化ダメージが与えられることで起こります。

 

ポリフェノールの抗酸化作用により細胞への酸化ダメージが軽減できれば、褐色脂肪細胞の活性化に繋がります。

 

ダイエットをする上で抗酸化物質は欠かせませんね。

 

 

 

 

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)の主な効果について

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)にはさまざまな効果が期待されています。

 

とくにポリフェノールによる抗酸化作用・生活習慣病の予防効果が期待されます。

 

 

 

 

 

イソフラボンは強い抗酸化作用をもつ

 

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用を持ち、ダイエット効果が期待されています。

 

30代40代以降になると体内は酸化(老化)し、糖の代謝がスムーズにできません。

 

食事から摂取した糖質は、運動や日中の活動の際にエネルギーに変換され利用されます。

 

糖質をエネルギーに変換する際には、ミネラルやビタミンによる代謝が必要となりますが、体内が酸化(老化)すると代謝が低下するため、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換する能力が低下します。

 

血管内の糖質はエネルギーに変換されて消費されれば体脂肪が増えることはありませんが、余分な糖質は肝臓内で中性脂肪に合成され体内に蓄積されるため、糖質の代謝が低下すると太りやすい体質となります。

 

イソフラボンなどのポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、体内の酸化(老化)を予防する働きがあります。

 

体内の酸化(老化)により太りやすい体質となる30代40代では、抗酸化物質の摂取がダイエット効果に繋がります。

 

シボヘールには豊富なポリフェノールが含まれるため30代40代以降のダイエットをサポートすることが期待されています。

 

 

 

 

イソフラボンは生活習慣病の予防に効果的

 

生活習慣病は、高血圧・糖尿病・脂質異常症などがあります。

 

これらは、食事から摂取した糖質や脂質の代謝の異常により起こります。

 

代謝の異常は、体内が酸化(老化)することが原因となります。

 

30代40代以降は活性酸素により体内が酸化(老化)し、生活習慣病を発症しやすくなります。

 

食事から摂取した糖質や脂質は、スムーズに代謝ができれば代謝異常による生活習慣病にはなりません。

 

でも、年齢と共に代謝が低下し、食事から摂取した糖質や脂質は血管内で活性酸素を発生し、動脈硬化や高コレステロールなどの原因となります。

 

シボヘールに含まれるポリフェノールは、活性酸素を無害にする働きがあるため、血管ないで発生した活性酸素を無毒化し、生活習慣病を予防することができます。

 

30代40代以降のダイエットは、ポリフェノールの摂取が必要です。

 

ポリフェノールを豊富に含むシボヘールは、30代40代以降のダイエットにおすすめです。

 

 

 

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)のダイエット効果について

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)はダイエット効果が期待されています。

 

中性脂肪の合成を抑制・脂肪分解を促進・脂肪燃焼を促進などの効果によりダイエットに繋がります。

 

 

 

 

中性脂肪の合成を抑制する

 

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、血管内の余分な糖質が中性脂肪に合成されるのを抑制する働きがあります。

 

30代40代以降になると代謝が低下し、血管内の糖質をスムーズにエネルギーに変換することができません。

 

そのため、血管内に余分となった糖質は肝臓で中性脂肪に合成されてしまい、体脂肪は増加していきます。

 

葛の花由来イソフラボンは、強い抗酸化作用により代謝を改善し、血管内の余分な糖質をエネルギーに変換するサポートを行います。

 

シボヘールは、新しい中性脂肪の合成を抑制する働きがあるため、太りにくい体質に近づくことができますよ。

 

 

 

 

脂肪分解を促進する

 

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪分解を促進する効果が期待されています。

 

肝臓内で中性脂肪に合成された脂肪は、白色脂肪細胞に取り込まれ全身に蓄積しています。

 

中性脂肪を減らしたい場合は、グリセロールと脂肪酸の形に分解しなければ燃焼させることができません。

 

でもいちど中性脂肪となると、なかなか分解ができません。

 

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の分解を促進する働きがあるため、脂肪が燃焼しやすい状態を作ることができます。

 

 

 

 

脂肪燃焼をサポートする

 

シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、脂肪燃焼をサポートする効果が期待されています。

 

中性脂肪はイソフラボンの働きにより分解が促進され、燃焼しやすい状態となります。

 

イソフラボンには脂肪燃焼を促進する働きもあるため、体内に蓄積された中性脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を燃やしやすくなります。

 

シボヘールの服用をしながら運動を併用することで、さらに脂肪燃焼効率がアップし、よりダイエット効果を得ることができます。

 

シボヘールのダイエットでは、運動・食事制限を併用することが推奨されています。

 

無理のない範囲で運動やストレッチを行い、脂肪燃焼効率をアップさせたいですね。

 

 

 

 

 

↓初回980円のモニター申し込みはこちら

 

シボヘール公式サイトへ

[シボヘール/副作用]機能性表示食品と健康保険用食品の違いや安全性について

 

シボヘールのダイエット効果や、機能性表示食品の認定基準・特定保健用食品との違いなどを紹介します。

 

機能性表示食品は、科学的根拠が示されたサプリメントであることが条件であり、ダイエット関与成分として葛の花由来イソフラボンが表示されています。

 

多くのダイエットサプリは機能性表示食品の基準を満たしていないためダイエット効果を期待することはできません。

 

シボヘールは機能性表示食品の届出がされており、高いダイエット効果が期待できます。

 

 

 

 

 

↓1ヶ月980円のモニター申し込みはこちら

 

シボヘール公式サイト

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・機能性表示食品は安全性が高い

 

機能性表示食品は、一般的なサプリメントとは異なり安全の根拠を明確にすることが求められます。

 

機能性表示食品は、消費者庁長官への届出が必要となりますが、届出を行うにあたって、安全性や品質管理の確認項目などの条件を満たしている必要があります。

 

一般的なサプリメントは「食品」の扱いであり、安全性や品質管理などの確認項目はないので、安全性や品質の保証はありません。

 

シボヘールは機能性表示食品であり、事前に安全性の根拠を明確にしているため、安心して飲むことができるダイエットサプリです。

 

 

 

 

 

↓初回980円の限定価格はこちらから

 

シボヘール公式サイト

 

 

 

機能性表示食品とは

 

機能性表示食品は、安全性や品質管理などの条件を満たした上で消費者庁長官に届出を行う必要があります。

 

届出資料は消費者庁により確認がされ、不備があれば返送されるため、安全面や品質面での信用度が高い商品と言えます。

 

シボヘールは機能性表示食品のため、事前に消費者庁に安全面や品質管理などの条件を満たしており、安心して飲むことができます。

 

 

 

 

 

機能性表示食品の認定条件とは

 

機能性表示食品は、消費者庁によって届出の基準が設けられています。

 

安全性の基準は以下のように定められています。

 

1)以下のいずれかにより、安全性を評価し、説明できなければなりません。

 

?喫食実績による食経験の評価
?データベースの2次情報などを用いた情報収集
?最終製品または機能性関与成分における安全性試験の実施

 

2)機能性関与成分の相互作用に関する評価を行い、相互作用がある場合は販売の適切性を説明できなければなりません。

 

?機能性関与成分と医薬品の相互作用の有無を確認し、相互作用が認められる場合は、販売することの適切性を科学的に説明できること
?機能性関与成分を複数含む場合、当該成分同士の相互作用の有無を確認し、相互作用が認められる場合は、販売することの適切性を科学的に説明できること

 

参考:機能性表示食品の販売に必要な手続き(消費者庁)

 

 

 

機能性表示食品の届出をする前に、上記の安全性に関する項目を満たしている必要があります。

 

機能性表示食品は、被験者にサプリメントを服用してもらた結果を評価する必要があり、その安全性について説明ができなければなりません。

 

安全性の根拠がなければ届出を行うことができないため、さまざまな実験データにより評価を行っています。

 

また、機能性関与成分における安全性試験がされている必要があります。

 

シボヘールに含まれる機能性関与成分(葛の花由来イソフラボン)は安全性が確認された成分のため、安心して飲むことができます。

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用と危険性・機能性表示食品と特定保健用食品の違いについて

 

機能性表示食品と特定保健用食品の違いについて説明します。

 

特定保健用食品(トクホ)は国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていましたが、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やすことができるように、平成27年4月に機能性表示食品の制度が始まりました。

 

機能性表示食品の制度が始まったのはまだ最近のことですが、消費者が商品の正しい情報を得て選択することができるため、今後はますますニーズが高まると予想されます。

 

シボヘールは機能性表示食品の届出がされており、安全性や品質管理などの項目で、届出の条件を満たしているダイエットサプリです。

 

一般的なダイエットサプリのほとんどが機能性表示食品の届出条件を満たしておらず、「食品」の扱いとなっており、ダイエット効果が得られるのかは疑問です。

 

ダイエットサプリを選ぶときは、機能性表示食品のものを選ぶと安心ですよ。

 

 

 

 

 

安全性や副作用に関する違い

 

機能性表示食品と特定保健用食品の大きな違いは、安全性と機能性の審査を国が行っているか否かと言う点です。

 

機能性表示食品は、「事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品」とされており、安全性や機能性の審査を国が行っていません。

 

特定保健用食品は、「表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可」とされているため、商品それぞれに消費者庁長官の許可がされています。

 

安全性や機能性の面では、国の審査がされている特定保健用食品の方がより信頼できると言えます。

 

でも、機能性表示食品も安全性や機能性に関する届出条件を満たしている必要があるため、安全性が高いことに変わりはありません。

 

シボヘールは機能性表示食品であり、安全性や機能性について事前に届出条件を満たしたダイエットサプリなので、安心して飲むことができますよ。

 

 

 

 

↓初回980円の限定価格はこちらから

 

シボヘール公式サイト

 

[シボヘール/副作用]他のサプリメントや薬との併用の注意点や危険性について

 

シボヘールの副作用や、他のサプリメントや医薬品との併用の注意点について説明します。

 

シボヘールは機能性表示食品ですが、「食品」の扱いなので、医薬品や医薬部外品とは異なり、他のサプリメントとの併用の制限はありません。

 

通院中や服薬中の方は併用に注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

↓公式サイト限定・初回980円モニターはこちらから

 

シボヘール公式サイトへ

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・他のサプリメントとの併用について

 

シボヘールの副作用は他のサプリメントとの併用の注意点について紹介します。

 

シボヘールは機能性表示食品ですが、食品の扱いなので、他のサプリメントとの併用もとくに問題ないとされています。

 

特定保健用食品も食品の扱いなので、他のサプリメントとの併用はとくに問題ないとされています。

 

他のサプリメントと併用する際は、同じ効能・効果のあるサプリメントとの併用は、過剰摂取の危険性があるため控えましょう。

 

その他のサプリメントとの併用の注意点について説明します。

 

 

 

 

脂肪分解を促進するサプリとの併用は危険

 

シボヘールは脂肪分解サプリであり、主成分(葛の花由来イソフラボン)は脂肪分解を促進することが報告されています。

 

シボヘールは1日1回の服用で、脂肪分解効率が良い量の成分が配合されているため、脂肪分解を促進する他のサプリメントと併用することで過剰摂取に繋がる危険性があります。

 

脂肪分解などと謳っていなくても、ポリフェノール配合のサプリメントは脂肪分解を促進する効果があります。

 

そのため、ダイエットサプリを併用するときは、目的の違うサプリメントを選ぶと安心です。

 

ダイエットサプリにはさまざまな種類・目的があります。

 

脂肪分解・脂肪燃焼・脂肪吸収抑制・糖質や脂質の吸収抑制・腸内フローラ改善など、ダイエットのアプローチ方法は様々です。

 

シボヘールは体内に蓄積された中性脂肪の減少に効果的なダイエットサプリなので、中性脂肪の減少を目的にしたサプリメントを併用する必要はありません。

 

シボヘールには様々な類似品があり、主成分は「葛の花抽出物」となっているものが多いです。

 

葛の花抽出物を主成分にしたサプリメントはたくさんありますが、脂肪燃焼効率やコストなど総合的にシボヘールが最もおすすめです。

 

シボヘールを服用中は、他の脂肪分解サプリとの併用は必要ありませんし、過剰摂取の危険性があるので控えましょう。

 

 

 

 

 

脂肪燃焼を促進するサプリとの併用は危険

 

シボヘールの主成分(葛の花抽出物)は、脂肪燃焼を促進する効果が報告されています。

 

脂肪燃焼はさまざまな成分のダイエットサプリがあり、香辛料の発汗作用により脂肪燃焼を促すもの、さまざまなポリフェノールにより脂肪燃焼を促すものなどがあります。

 

シボヘールは脂肪燃焼効率が最も良いダイエットサプリで、脂肪燃焼効果のある成分を多く摂取してもダイエット効果は変わりません。

 

脂肪燃焼効果のあるダイエットサプリを複数飲んでもダイエット効果は上がりませんし、コストが掛かってしまいます。

 

また、脂肪燃焼効果のある成分を過剰に摂取することになるので危険です。

 

脂肪燃焼をすれば痩せる!と思っている方も多いのですが、中性脂肪はグリセロールと脂肪酸に分解されてからでないと、燃焼することができません。

 

そのため、脂肪分解と脂肪燃焼の両方の効果が期待できるダイエットサプリを選びましょう。

 

脂肪燃焼を早めるためにダイエットサプリを複数併用するよりも、シボヘールと運動を併用した方が脂肪燃焼効率が高くなります。

 

シボヘールは運動や食事制限と併用することでダイエット効果が高まるため、早く脂肪を燃焼したい方は、簡単なストレッチやウォーキングを行うとことをおすすめします。

 

 

 

 

 

難消化デキストリンなどの食物繊維が主成分のサプリとの併用は危険

 

難消化デキストリンは、多くのダイエットサプリに含まれている添加物です。

 

難消化デキストリンは食物繊維としての働きがあるため、デトックス効果が期待できます。

 

シボヘールにも食物繊維としての働きがある、セルロースや還元パラチノースが含まれています。

 

そのため、難消化デキストリンが含まれるサプリメントと併用すると、下痢や腹痛を起こす可能性があります。

 

シボヘールを飲み始めて下痢や軟便になったとの口コミが複数あります。

 

同じ効果を持つ成分が含まれるサプリメントの併用は、不快な症状を強くする可能性があるため注意が必要です。

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・薬との併用について

 

シボヘールの公式サイトでは、薬との併用には注意が必要な旨が記載されています。

 

通院中の方や定期的に内服をしている方は注意が必要です。

 

 

 

 

通院中の方や薬を内服している方は主治医に確認をしましょう

 

シボヘールは機能性表示食品であり、「食品」の扱いなので、薬やサプリメントの併用についての制限はありません。

 

でも、通院中の方や内服治療中の方は、主治医に相談することが推奨されています。

 

シボヘールには薬の効果を低下させる成分は含まれていませんが、治療中の疾患が悪化する可能性も少なからずあります。

 

通院中の方は、主治医や薬剤師にサプリメントの原材料が記載されているものを見せて、確認をしましょう。

 

 

 

 

シボヘールの副作用と危険性・過剰摂取による危険性について

 

シボヘールは脂肪分解・脂肪燃焼を促進するサプリメントです。

 

脂肪分解や脂肪燃焼を促進する成分は、葛の花由来イソフラボン以外にもたくさんあります。

 

香辛料やそのほかのポリフェノールにも脂肪分解・脂肪燃焼を促進する働きがあります。

 

シボヘールと併用してダイエットサプリを飲む場合は、同じ効果のサプリを併用することで、過剰摂取となる危険性があります。

 

ダイエットサプリを併用するときは、同じ効果の成分が含まれていないものを選ぶと安心です。

 

 

 

 

シボヘールの1日摂取量について

 

シボヘールの1日摂取量は4粒です。

 

4粒の摂取で脂肪燃焼効率が最も高くなります。

 

シボヘールに含まれる成分は、脂肪燃焼効率が最も高い量が配合されています。

 

成分量が多くてもダイエット効果は変わりませんし、少ないと脂肪燃焼効果が低下します。

 

シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は含有量35mg程度が最も脂肪燃焼効率が良いとされています。

 

シボヘールと同じような葛の花由来イソフラボンを主成分とするダイエットサプリを併用すると過剰摂取になってしまいます。

 

そのほかのポリフェノールを主成分とするダイエットサプリを併用しても脂肪燃焼効率に変わりはありません。

 

またイソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似たような作用を持っており、過剰に摂取することでホルモンバランスの乱れに繋がる可能性があります。

 

他のサプリメントと併用するときは、イソフラボンを主成分とするサプリメントの服用は辞めましょう。

 

 

 

 

 

シボヘールの摂取回数について

 

シボヘールは1日の摂取回数を1回としています。

 

1回で4粒を服用とされています。

 

シボヘールの公式サイトでは、さまざまな実験で、1日に1回4粒のシボヘールの服用で十分な結果が得られたとされています。

 

シボヘールは1日1回の摂取で十分な量の有効成分を配合しているため、そのほかのダイエットサプリと併用する必要はありません。

 

1日1回で充分な量のポリフェノールが摂取できるため、ほかのダイエットサプリを併用するよりも、簡単な運動や食事制限を併用したほうがダイエット効果は高まります。

 

シボヘールの内服と併用して、簡単な運動やストレッチ、糖質制限などを組み合わせることをおすすめします。

 

 

 

 

シボヘールを過剰摂取するとどうなるの?

 

シボヘールを過剰摂取してしまうと、体質によっては下痢や軟便・腹痛を起こすことがあります。

 

シボヘールに含まれるデキストリン・還元パラチノースなどの添加物は、食物繊維としての役割を持つため、過剰摂取してしまうことで下痢や軟便に繋がります。

 

また、シボヘールの主成分(葛の花由来イソフラボン)は、女性ホルモン(エストロゲン)と似たような作用を持つため、長期的に過剰摂取を続けると、ホルモンバランスの乱れに繋がる可能性があります。

 

 

 

 

 

過剰摂取の予防には毎日同じ時間帯の内服がおすすめ

 

過剰摂取の予防には毎日同じ時間帯に内服をするのポイントです。

 

シボヘールの効果を高めるために運動前に飲む方や、1日2回に分けて飲む方は、内服の時間帯が決まっていないため、間違えて飲みすぎてしまうことがあります。

 

起床後・朝食後・就寝前など、生活のペースに合わせて飲みやすい時間に設定することをおすすめします。

 

 

 

 

 

↓初回980円のネット通販価格はこちら

 

シボヘール公式サイトへ

 

[シボヘール/副作用]シボヘールを飲んではいけない人はいる?妊婦さんや未成年者が飲むと危険?

 

シボヘールは妊娠中や授乳中は副作用の危険性があるため服用は避けましょう。

 

シボヘールの公式サイトでは、妊娠中の服用を控えるように記載があります。

 

妊娠中の無理なダイエットは、妊婦さんだけでなく赤ちゃんへの悪影響をなる恐れがあるため、ダイエットサプリメントでの体重コントロールはおすすめできません。

 

妊娠中のダイエットは、バランスの良い食事や簡単な運動が基本です。

 

 

 

 

 

↓初回980円モニターの申し込みはこちら

 

シボヘールの公式サイト

 

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・妊娠中のシボヘール服用は避けましょう

 

シボヘールは妊娠中の服用は避けるようにとの記載があります。

 

妊娠中の無理なダイエットによる危険性について紹介します。

 

 

 

 

妊娠中のダイエットは危険です

 

妊娠中はホルモンバランスの関係で浮腫やすく、体脂肪がつきやすい時期です。

 

つわりが落ち着くと食べ過ぎてしまって太ったり、検診で指摘されて無理なダイエットをする方もいます。

 

妊婦検診では妊娠糖尿病の有無や、赤ちゃんの成長を図るために体重測定をします。

 

妊婦中の体重増加は、もともとの体重や体質によっても異なります。

 

理想的には1ヶ月の体重増加が1〜1.5キロと言われています。

 

妊娠中は母親が食べた食事の栄養素が、胎盤を通して胎児に運ばれます。

 

母親が無理なダイエットをしてしまうと、胎児に十分な栄養を送ることができないため、胎児発育不全に繋がり、流産や死産に繋がる可能性があります。

 

妊娠中はダイエットサプリによる無理なダイエットは危険なので辞めましょう。

 

 

 

 

 

妊娠中の体重コントロールは簡単な運動や栄養バランスの良い食事が必要

 

妊娠中は妊娠糖尿病や妊娠高血圧の予防のため、体重コントロールの指導をされます。

 

体重増加が多いと病院からは、バランスの良い食事や、体調の良い日は簡単な運動やウォーキングを勧められます。

 

妊娠中は非妊娠時に比べて約2倍の血液量が必要となるため、水分を溜め込みやすい体質となります。

 

そのため浮腫やすく、お腹の重みや骨盤の歪みなどから循環が悪くなり、余計に浮腫に繋がります。

 

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪を減少される作用がありますが、妊娠中は胎盤や胎児を守るため、腹部に脂肪がつきやすくなっています。

 

そのため、妊娠中のシボヘール服用は、胎盤や胎児を守らなくてはならない妊婦さんには危険性が高いと言えます。

 

妊娠中は無理に体重を落とすことは胎児の成長に悪影響を与えるため、バランス良い食事や簡単な運動を心がけて、急激な体重増加に注意をしましょう。

 

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・授乳中のシボヘールの服用は避けましょう

 

シボヘールは妊娠中の服用は避けるように記載がありますが、授乳中の服用についてはとくに記載はありません。

 

でも、授乳中は普段に比べてたくさんのカロリーが必要となります。

 

母親が食事から摂った栄養素は、母乳を通して胎児に届けられます。

 

シボヘールは食事から摂取した糖質が中性脂肪に合成されるのを抑制する働きがありますが、授乳中はエネルギーを使うので糖質が必要になります。
授乳中は、夜間も何度も起きたり、昼夜逆転したりと体力的にハードな時期です。

 

赤ちゃんがいれば思うように外出もできないため、ストレスの発散も難しいですよね。

 

体力的・精神的にハードな授乳期は、ある程度の糖質を摂ってエネルギーに変換したほうが、アクティブに過ごせます。

 

授乳中の無理なダイエットは、後に体調不良や婦人科系の疾患に繋がる可能性があるため避けたほうが無難です。

 

 

 

 

 

授乳期は代謝が改善し痩せやすい時期なので無理なダイエットは避けましょう

 

授乳中は、母親の血液から母乳が作られます。

 

そのため普段よりもたくさんの血液が必要となるため、代謝がよくなります。

 

代謝がよくなるため浮腫が改善され、血行がよくなることで痩せやすい体質となります。

 

授乳中はダイエットをしなくても自然と痩せた!と言う方も多いですよね。

 

授乳中は多くのエネルギーが使われるので空腹感を感じる人が多いです。

 

また昼夜逆転の生活になることが多いため、夜中にお腹がすいて食べてしまったり、急いで食事を済ませるために早食いになってしまったり、気を付けないと太ってしまいます。

 

産後なかなか痩せない・・・と言う方は、完食が増えてしまったり、家にいる時間が増えることで運動不足になったり、産後の骨盤の歪みから浮腫やすくセルライトが増えてしまったりなどの原因が考えられます。

 

骨盤の歪みにより循環が悪くなると浮腫やすく、浮腫や冷え性を誘発し、脂肪がセルライト化して痩せにくくなります。

 

授乳中は、自然に産前の体重に戻るように、バランスの良い食事や軽い運動・ストレッチなどを心がけることをおすすめします。

 

シボヘールはたくさんのエネルギーが必要となる授乳期にはおすすめできません。

 

 

 

 

授乳中の無理なダイエットは乳腺炎や母乳の生成不足に繋がります

 

産後は授乳に向けてホルモン環境が変化し、母乳を出すためのホルモンが分泌されます。

 

赤ちゃんが乳首を吸うことで母乳を生成するように指令が送られ、母乳を出すためのホルモンが活性化します。

 

赤ちゃんがたくさん母乳を飲むことで母乳が作られますが、刺激が少ないと次第に母乳の生成量が減ってしまいます。

 

母乳は作られているのにしっかりと吸えていなかったり、母乳の生成量が多すぎる場合はどは乳腺炎などの繋がります。

 

授乳中は新しい母乳を作るためにたくさんのエネルギーを必要としています。

 

無理にダイエットをして栄養不足になると、血液の質が低下し、乳腺への血流の低下から母乳の生成不足に繋がったり、スムーズに母乳を出すことができずに乳腺炎の原因となることもあります。

 

授乳中は母乳を通して赤ちゃんに栄養を与えるため、無理なダイエットは赤ちゃんの成長にも悪影響です。

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・子供や未成年者の服用は避けましょう

 

シボヘールは大人の服用を想定して作られたダイエットサプリのため、子供や未成年者が飲むことで副作用の危険性があります。

 

子供や未成年者は、30代40代以降とは体内環境が異なるため、シボヘールの服用はおすすめできません。

 

シボヘール公式サイトでは、子供への服用は避けるようにとの記載があります。

 

シボヘールは内臓脂肪・皮下脂肪が気になる30代40代以降の中高年の方におすすめのダイエットサプリです。

 

 

 

 

 

子供は脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞が活発で太りにくい

 

子供は大人に比べて体温調整能力が低いため、食事から摂取した糖質をエネルギーに変換することで体温を保っています。

 

子供の頃は、脂肪を燃焼される働きのある褐色脂肪細胞が活発なため、太りにくいのです。

 

シボヘールは褐色脂肪細胞を活性化する働きがありますが、子供の場合はすでに褐色脂肪細胞が活性化しているため、シボヘールの効果は必要ありません。

 

子供の肥満は、完食のしすぎや運動不足によるものです。

 

摂取カロリー>消費カロリーの状態となっている子供は太りやすくなるため、完食を減らして摂取カロリーを減らすか、運動をして消費カロリーを増やすことが必要です。

 

シボヘールは内臓脂肪や皮下脂肪の減少、メタボリックシンドロームの予防など、生活習慣病の予防に繋がる効果が期待されます。

 

子供は大人とは体内環境が異なるため、シボヘールを服用してのダイエットはおすすめできません。

 

 

 

 

 

 

褐色脂肪細胞が活発なときは白色脂肪細胞が少なく太りにくい

 

子供は褐色脂肪細胞が活発で、中性脂肪や糖質を取り込む白色脂肪細胞の数は少ないです。

 

白色脂肪細胞は、中性脂肪を取り込み全身に蓄積させる働きがあります。

 

褐色脂肪細胞は、脂肪細胞の1つなので、新陳代謝の良い子供時代は褐色脂肪細胞を生成したり活性化することができます。

 

体内が酸化(老化)することで褐色脂肪細胞を生成したり活性化する力が弱まるため、30代40代以降は太りやすくなります。

 

新陳代謝が活発な子供時代は、痩せやすく太りにくい体質を持っているため、食事や運動による健康的なダイエットがおすすめです。

 

 

 

 

子供は成長のために多くのエネルギーが必要なため無理なダイエットは避けましょう

 

子供は新陳代謝が活発なため、新しい細胞の生成が活発に行われています。

 

新しい細胞の生成にはたくさんのエネルギーが必要となります。

 

細胞の中に存在するミトコンドリアはエネルギー製造をする器官です。

 

子供時代は細胞の生まれ変わりが活発なので、常にエネルギーが必要となるため、無理なダイエットによりエネルギーを制限するのは危険です。

 

子供が無理なダイエットをすると、成長に必要な栄養素が不足し、細胞の生まれ変わりや活性化を阻害してしまいます。

 

子供時代は太りにくく痩せやすい体質を持っているため、無理な食事制限はせずに、完食をスナック菓子からおにぎりやフルーツに変更したり、少しの工夫で充分です。

 

シボヘールは中高年以降のメタボリックシンドロームが気になる世代が飲むダイエットサプリなので、子供が飲むのは危険です。

 

子供は大人とは体内環境が異なるので、シボヘールの服用は大人に限りましょう。

 

 

 

 

↓解約制限なし!初回980円のモニター申し込みはこちら

 

シボヘールの公式サイト

[シボヘール/副作用]シボヘールの安全性や品質管理・衛生管理について

 

シボヘールはGMP認定向上で製造されているため安全性が高く、副作用などの心配がありません。

 

一般的なサプリメントはどこで製造されているのか分からないものが多く、安全性が不明なものが多いのです。

 

ダイエットサプリを選ぶときは、GMP認定向上で製造されたものを選びたいですね。

 

 

 

 

 

↓公式サイト限定価格980円の申し込みはこちら

 

シボヘール公式サイトはこちら

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・GMP認定工場で製造されているから安心

 

ダイエットサプリを選ぶときは、GMP認定向上で製造されているものを選ぶと安心です。

 

GMP認定向上は、医薬品と同レベルの厳しいチェック体制でサプリメントを製造しています。

 

品質面・衛生面・安全面など、すべての面で医薬品と同レベルの厳しいチェックがされているため、副作用の心配がなく安心して飲むことができます。

 

 

 

 

 

GMP認定工場とは

 

サプリメントの安全性や衛生面・品質面などを徹底するためにGMPが設けられています。

 

消費者側は、サプリメントにどのような原材料が使われ、どのような工場で作られたかなどを知ることができません。

 

GMPを設けることで、消費者はサプリメントの安全性・衛生面・品質面などを見ることができ、商品選びの基準になります。

 

 

 

GMPとは

 

Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求めています。(公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

 

 

GMP認定工場で製造されたサプリメントは、品質管理が徹底され、均質で安全性の高いサプリメントと言えます。

 

 

 

 

GMP工場の品質管理

 

GMP認定工場では、以下のような品質管理が厳密に行われています。

 

?正しい原材料が使用され、製品に含まれている量は正確か

 

?衛生的に作られたか(施設や作業員の衛生状態など)

 

?異物が混入したり、他の製品との近藤が生じたりしていないか

 

?どの製品も均質で設計どおりの内容か

 

?賞味期限内の品質は本当に保証されているか

 

?製造と品質管理に関する全ての記録が規定どおりに作成され、保管されているか

 

?規格外の製品が出荷されないよう、チェックする体制ができているか

 

?苦情等に対応できるよう、サンプルや製造・品質等の記録が残されているか

 

参考:GMPマークを目印に健康食品を選びましょう!(日本健康・栄養食品協会

 

 

安価なサプリメントは、原材料がどこの国で作られたものか、どのような工場で製造されたのかなど、製造工程が不明なものが多いです。

 

シボヘールは公式サイトで、GMP認定工場で製造されていることが記載されています。

 

サプリメントは口に入れるものですから、安全性の高い高品質のものを選びたいですね。

 

シボヘールは厳正な規定をクリアしたGMP認定工場で製造されているため、安全性・品質などが満たされたダイエットサプリです。

 

ダイエットサプリを選ぶときは、製造工程がしっかりと確認できるGMP認定工場で製造されたものを選びましょう。

 

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・日本国内で安全性が認められた食品原料のみを使用しているため安全

 

シボヘールは日本国内で安全性が認められた食品原料のみを使用しているため安全性が高いダイエットサプリです。

 

安価なサプリメントは、原材料の産地が不明なものが多く、安全性に不安があります。

 

安全管理や衛生管理は国によって基準が異なるため、基準がしっかりと設けられていない国の原材料は、安全性が低いと言えます。

 

シボヘールは植物の抽出物が主成分となっているため、品質管理がされていない原材料では、品質の偏りが出てしまいます。

 

サプリメントを均質で高品質なものにするためには、品質管理がしっかりとされた原材料を使用しているサプリメントを選びましょう。

 

原材料は加工される前の原料なので、細かくチェックする方も少ないのが現状ですが、品質管理がしっかりとされていない原材料を使用した場合は、加工されたサプリメントは均質なものを製造することは難しく、錠剤ごとに含有量が異なったり、記載通りの成分が使用されているのか確認ができません。

 

ダイエットサプリメントを選ぶときは、国産の原材料を使用しているものを選びましょう。

 

 

 

 

シボヘールの副作用の危険性・シボヘールは日本製なので高品質で安全

 

シボヘールは原材料は全て日本産を使用しており、製造も全て日本産のダイエットサプリです。

 

サプリメントの安全性や品質管理は国によって基準が異なり、杜撰な管理がされている国もあります。

 

安全性や品質管理に手間をかけない分、コストを抑えることはできますが、安全性や品質は低くなります。

 

シボヘールは日本製なので、日本の基準に沿った安全性・品質管理も基に製造されています。

 

また、GMP認定工場で製造されているため、安全性・品質面・衛生面が徹底されているため、安心して飲むことができるダイエットサプリです。

 

 

 

 

↓初回限定価格980円の申し込みはこちらから

 

シボヘール公式サイトへ

page top