上層部と戦ってくれる心強い師長

クリニックとは違い、大規模な病院で働いていると、組織の一員となりますから、病院側の意見と、 現場にいるスタッフの意見が食い違ったり、意見が合わなかったりする事が沢山あります。 大きな病院であればあるほど、不満があったとしても我慢して、上層部の言いなりになって働いているんだと思います。 私達のような平社員の看護師は、直接上層部に意見を言う事はできません。 上層部と交渉したりするのは、看護師の上司である師長の役目です。 私達の意見や要望が上層部にしっかりと伝わるかどうかは、師長にかかっています。 でも、多くの場合、師長も自分の立場がありますから、あまり強い事は言えずに、上層部に逆らう事が出来ない為に、 なかなか業務が改善できない、といった状況です。 そのような職場では、スタッフが働きにくい状態が続いてしまいますし、不満がどんどん大きくなって、 雰囲気が悪くなってしまいます。 私が働いている職場の師長は、正義感に溢れた方で、いつも上層部にかけあってくれるんです。 決して上層部の意見に巻かれるような事がなく、職場のスタッフの事をとても大事にしてくれるんです。 職場環境を良くしなければ、よりよい看護もできない、それが、病院にとってマイナスイメージに繋がってしまうと言って、 いつもかけあってくれています。 スタッフみんな、師長の事を信頼していますから、大変な時も辛い時も、みんなで協力して乗り越えています。 なかなか頼りにならない師長が多い中で、私の職場はとても恵まれています。 スタッフの悩みにいつも親身になってくれる素晴らしい師長がいるから、働きやすい職場を作る事ができるんだと思います。 師長というのはとても大きな存在です。 師長がどのような方かによって、職場環境が違ってくると思います。